フィリピン人メイドを雇いましょう

ヤヤのビーン

お得にメイドさんを雇おう!

フィリピン人メイド ヤヤ

こんにちは。お得大好きお得ガールです。
フィリピン在住8年、これまでに何十人ものメイドさんに生活を助けてもらいました。
いや、助けてあげた?いやいや、盗まれた?!逃げられた?
簡単にメイドさんを雇う事が出来る国での体験談を少しお話しします。

1、メイドさんを雇う人はどんな人?

日本人的感覚でいうと、日本でメイドさんを雇い家事を手伝ってもらっているひと、はっきり言って一人も知りません。
もし日本でメイドさん(家政婦)を雇うと一体幾らくらいするのでしょうか、調べてみました。
時給2000円~だそうです。かなり高いですよね。
ここフィリピンでは大体月給一万円前後、月給です!!!だから、日本人の駐在員から欧米人、この国に滞在している殆どの外国人はメイドさんを雇っています。
中級層のフィリピン人家庭にもメイドさんがいるのが当たり前で、
雇うことは、特別な事ではなく、ごくごく一般的です。
お金持ちのフィリピン人は、子供一人につき一人、洗濯係に一人、料理係りに一人と、数名雇っているのが普通です。

2、メイドさんってどんな人?

一番多いのは、田舎出身者の女性です。
田舎には仕事がなく、また学歴も必要としない仕事なので誰でもメイドさんになれるんです。
理由もそれぞれ。兄弟の学費を稼ぐため、両親を助けるため、何でもいいから仕事をしたい子、18歳くらいから60歳くらいまで。
多くの女性が働き口を求め都市に出てくるそうです。
田舎出身者だからか、エレベーターの乗り方が分からない子、我が家のマンション(20階)が高層過ぎて怖いと言って、働かないと帰って行った子。いろんな子がいます。

3、メイドさんの仕事は?

家事と子供のお世話をするオールアラウンド、子供のお世話のみをするヤヤ、あと、家事だけをするメイドの三種類あります。
子供のお世話をするヤヤは、24時間子供と一緒に生活をします。担当の子供の食事作りから、学校の送り迎えや宿題のフォロー、夜も一緒に寝ます。
家族で外出する時ももちろん一緒。雇い主との相性が大事になります。

家事と子供の世話をするオールアラウンドに合う人はなかなかレアです。子供が寝たから、学校へ行ったから、先にやっておこうなんて考えを持つフィリピン人は
過去二人しか知りません。
大体の人が、チャンス!とばかりに寝るか、お茶するか、娯楽タイムへ突入です。

一番簡単に見つかるのが、家事専門のメイドさんでしょう。洋服の洗濯、アイロンかけ、室内掃除まで家事を全てこなしてくれます。

また、雇い主と衣食住を共にする住み込みと、朝来て夜帰る、通いの2つのスタイルがあります。
住み込みの場合、メイドさんへ食事や日用品(シャンプー、リンスー、石鹸、歯ブラシ等)の支給をする必要があります。
その分、お給料は割安です。
通いのメイドさんは、給料の他交通費を支給するので、高くなります。

業務内容、就業時間等はメイドさんと話し合って決めます。

4、メイドさん派遣会社に電話してみよう

メイド履歴書

履歴書

フィリピンの新聞や、情報誌にはメイドさん派遣します!広告が至る所に記載されているので、電話をすれば今日から働いてくれるメイドさんを自宅まで連れてきてくれます。
紹介をしてもらい、メイドさんを雇う事が決まったら、
派遣会社に紹介手数料、交通費、メイドさんの前貸し、
合計で5500ペソから7000ペソくらいを支払います。
メイドさん前貸しとは、メイドさんが紹介所に支払うお金のことで、雇用主は一番初めの給料から天引きをします。
派遣会社は、雇用主とメイドさん両方から紹介料を取るシステムです。なんて暴利。

もし、雇用したメイドさんと相性が合わず辞めさせた場合、メイドさん派遣会社から次の人を紹介してもらえます。
派遣会社により、紹介手数料なしの交換は何人まで、一カ月間だけ等決まっています。
二人目紹介には大体どの派遣会社も、交通費のみ(4~500ペソ)と、メイドさんの前貸し料のみになります。

派遣会社はあくまで紹介だけをする会社だと思っていましょう。自分たちが派遣する人たちがどんな人か詳しくは知らないばかりか、もし紹介したメイドさんが物を盗んでも何も保証はしてくれません。
派遣会社を期待はしてはいけません。
自分の直感を信じて雇いましょう。

5、知人、友人からメイドさんを紹介、引き継ぐ

日本人駐在員は、ほぼ100%メイドさんを雇っています。
本国へ帰任になる事が決まった人から、メイドさんを引き継ぐ方法もあります。
メイドさんの前情報があり、中には日本人家庭を何十年と渡り歩いてきた凄腕の人も。
初めての海外生活、英語が分からないという人には強い味方になります。
彼女らは日本人家庭をよく知っていて、日本語を理解したり、日本食をつくれたり、日本人の良く行くお店屋さん、病院を知っていることが多いからです。
デメリットは、給料が高いこと(8000ペソから15000ペソ日本円で2万円から3万円)
メイドさんはかなりの情報通なので、どこどこの家庭は給料が幾ら、雇い主の仕事は何、等常にアンテナを張っていて、隙あらば好条件のところへ移ることを考えています。

6、メイドさんを雇って良かったこと、悪かったこと

家事をしてくれるので、自分の時間が持てる事です。
洗濯ものを気にすることも、洗うお皿の数を気にする事もありません。
友人家族を呼んだって、全く気になりません。
メイドさんが、全て後片付けをしてくれるからです。
おむつトレーニングのためにおむつを履かせず粗相をしたとき、やさしい気持ちで対応できました。
子供を叱る時、他人の目(メイドさんの目)があると、不思議と手加減してしまうんですね。
怒られた子供も私の元から逃げて、メイドさんに泣きつくとこもしばしばありました。
お母さんが二人。そんな感じです。

いい事ばかりではありません。
借金をしてそのままドロン。何回もあります。
親が死んだ、緊急事態等々、いろいろな理由をつけます。
いい子だと、ついつい貸してしまうんです。
また、親の目が無いところで子供を強く叱ったり、舌打ちしたり。子供を見ず携帯をいじることも。
一緒に衣食住を共にすることになるので、とにかく慣れるのに時間がかかりました。
私たちがレストランで食事をすれば、彼女らも食事をします。旅行へ行く時にも一緒。
相性が命!。

50人は面接をしてきたので、最初の五分で大体の予想がつくようになってしまいました。
まだ子供が小さいので、これからもお世話にならなければなりません。
どうか、次に来るメイドさんは私たちをガッカリさせないでね。